魚群探知機 モバイルバッテリーで運用

SUPフィッシング

現在、エネループ10本を昇圧して使っている。

8本でも使えていたけど10本に増やしてみた。

充電の手間さえなければコンパクトで使い勝手はいい。

乾電池の昇圧

  • 乾電池ボックス
  • 電池クリップケーブルコード

エネループはコストコで3500円くらいだった。

PANASONIC ENELOOP充電器セット単三8本+単四4本

でも充電が面倒なのでモバイルバッテリーに変更しようと思う。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーで運用するには

  • 手持ちのモバイルバッテリーを使いたい。
  • 使いたいモバイルバッテリーがある。
  • 現在使用してる防水ケースを流用したい。
  • 使いたい防水ケースがある。

数個の手持ちのモバイルバッテリーを

今まで乾電池で使っていた防水ケースに入れてみたら

バッテリー自体はスッポリと収まった、

昇圧ケーブルを取り付けたら話にならないくらい収まらない。

一番使いたかった20000mAのコストコでかった薄型モバイルバッテリー

これまた絶妙にジャストフィットするタッパーがあったが

昇圧ケーブルを取り付けたら当然収まらなかった。

ならばと、タクティクスの防水ケースも買ってみたが

さすがに大きすぎてコリンアスリートには持て余す結果になった。

Garmin エコーマップ等の大きいめの魚探なら

20000mAのモバイルバッテリーを使おうと思うけど

ストライカー4や4プラス、VIVIDだと

10000mA前後のモバイルバッテリーで十分だと思う。

モバイルバッテリー昇圧ケーブル

  • 昇圧部分がUSB差し込み部と一体型となってるもの
  • 昇圧部分が中間にあり、差し込み部が小型のもの

選ぶなら昇圧部が中間にあるものがベターだと思う。

かつ、L字になっているとさらに使い勝手はよさそう。

USB 変換コネクターと変換アダプター

ダイソーのUSB-A to USB-C変換コネクター
USB-A  L字 延長コード

魚探の電源はどこに設置する?

コリンアスリートは小さいしデッキも狭い。

電源の設置場所も限られてくる。

僕のコリンアスリート仕様

  • センターコンソール
  • センターコンソールトレイ
  • イケスあり

ガーミンエコーマップ等の大きめの魚探を使っている人は

センターコンソールトレイに大きめのモバイルバッテリーを積んでいたりする。

カヤックやホンデックスのGPS一体型魚探に変更。

  • 海図がないので表示範囲内の水深が分からない。
  • GPSと魚探の画面がそれぞれどちらかしか表示できない。
  • 地図は、西日本 or 東日本のどちらかから選択。

ちょうどカヤックからSUPに移行した時期で

SUPでザブザブと波を被りながら出艇する事も多く

  • 海図がないので表示範囲内の水深が分からない。
  • GPSと魚探の画面がそれぞれどちらかしか表示できない。
  • 地図は、西日本 or 東日本のどちらかから選択となる。

ある日電池ボックスに浸水したのか、電源が不安定になった事がきっかけで

地図と魚探の同時表示ができない事も不満あり

電源不調も重なり買い替えを決断した。

浸水による故障は僕の使い方が悪かったようで

PSシリーズを使ってる人達の意見を聞いても特に問題はないとの事。

SNS等でストライカー4が安くて推されてたので

2019/05/25にストライカー4を購入。

2019年当時は、16000円〜18000円ほどでAmazonで購入できた。

現時点では22000円ほどである。

乾電池やモバイルバッテリー駆動させるため、別途3000円ほど必要。

ただ後述するストライカー4プラスも

現在は22000円ほどで購入できるので

買うならストライカー4プラスをおススメする。

良い点

  • CHIRPソナーである。
  • PS-511CNと比較して明らかに感度がよく画像も綺麗。
  • バッテリーは別体なのでバッテリーが浸水しても本体に影響はない。

ホンデックスPSシリーズは本体を乾電池駆動させているため

電池付近に浸水し結果、買い替えとなった。

悪い点

  • 海図、地図が入っていない。
  • クイックドロー機能がない。
  • 3.5インチの画面はやや小さい。
  • 電源の取り出しに加工が必要(さほど難しくはない)
  • 振動子が大きい。

後で分かったのだが、ストライカー4プラスには

クイックドローコンターズ(Quick draw contours)なる

実際に海に出て水深図を作成する機能がある事を知った。

これは海図を搭載しない本機でも

自力で水深図を作成できる便利な機能である。

ストライカー4では

  • 海図、地図が入っていない。
  • クイックドロー機能がない。
  • 3.5インチの画面はやや小さい。

3点の問題点あり。

2020/06/21にストライカープラス4に買い替えた。

当時は26000円くらいだった記憶。

現在は22000円前後で購入できる。

見た目はほぼ変化なし。

ストライカー4は台座が見える。
4プラスは画面が大きくなって台座は見えない。

ストライカー4とストライカー4プラスの違い

  • クイックドロー機能で水深図を作成できる。
  • 画面が4インチとやや大きくなった。

ストライカー4とストライカープラス4の共通点

  • 振動子
  • 電源コード

振動子と電源コードはそのまま流用した。

振動子は共通だがホンデックスPSシリーズに比べると明らかに大きい。

本体と比較してもかなり大きい事がわかる。

しかしこれはガーミンの振動子では最小の部類である。

理想はスカッパーホールへの固定だが

この大きさだと難しいと思われる。

事実、コリンアスリートのスカッパーホールには

ギリギリで収まらなかった。

振動子底部もラウンドしているためインハル固定も難しい。

となると、振動子アームなどに固定する事になる。

振動子アームはパドリング時の抵抗になるし

ファイト時のライントラブルも誘発する。

振動子アームにリーダーが絡んで

大物を逃した経験から振動子は

スカッパーホールに固定している。

Amazon | PANASONIC ENELOOP充電器セット単三8本+単四4本 | パナソニック(Panasonic) | 充電式電池・充電器パック
PANASONIC ENELOOP充電器セット単三8本+単四4本が充電式電池・充電器パックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

まとめ

最近の魚探は安くて高性能な物が多い。

ただ

高性能=振動子の大きさ

であると思う。

普段行く海域の水深や釣る魚に合わせて魚探を選ぶのがベター。

コメント

タイトルとURLをコピーしました