SUPフィッシング ティップラン考察

ティップラン 
スポンサーリンク

ティップランで初アオリイカを釣り上げるまで

まず通常のエギングで初めてイカを釣るまでにかなり時間を要した。

  • PE1.0号、リーダー5号
  • バスロッド、ライトジギングロッド、マスレンジャー

初心者の頃はワケも分からず上記タックルを使っていた。

ある日、エギングしていた方と話す機会があり

釣れないのはラインが太いからだよ

もっと細くしないと

とアドバイスをいただく。

アタリは繊細なのでPEは細い方が潮の影響を受けない。

リーダーも同様であるが好みもあるのでフロロ2〜3号でよさそう。

その日にラインはPE0.6号、リーダーは2号に変更するが釣れない。

SUPエギングでエギに近づくイカが見えたものの釣れない。

そりゃそうだ。

そもそもエギングが分かってないんだから

釣れるワケがない

  • エギの動かし方、沈め方、シャクリ方
  • ラインの動かし方、アタリの取り方
  • 底を取ることが大事
  • バスロッドでも可能だが初心者には難しい

イカは沈んで行くエギを追いかけて抱く習性がある。

エギを抱くタイミングを知らないとシャクり上げたときに抱くと思いがち。

ラインの動きでアタリを取る方法もあるが初心者には難しい。

底を取る事重要な釣りだが初心者エギの着底はわかりにくい。

着底が分からないから根がかり起こしやすい

そこで中古釣具屋で安く売っていたティップラン用エギを購入。

ティップラン用のエギでは底を取れるようになった。

しかしテイップラン用のエギでは沈下速度が早すぎてイカは抱かない。

やはり専用ロッドも必要なのか?とティップランを見据えて

ボートエギングロッドを購入した。

ある日、職場のクライアントさんからポイントを教えてもらいそこへ行く。

両隣のエギンガーの所作を見よう見真似てようやく小さいながらも1杯を釣り上げる。

この頃からオカッパリエギングでの成果が伴い始める。

しかしSUPエギングではまったく釣れない。

そこで

ティップランでアオリイカが釣りやすそうな場所を探してティップランを行い

SUPからの初アオリイカ&初ティップランの成功となった。

タックル

  • ティップラン専用ロッドは必要。
  • ラインはPE0.6〜0.8号、リーダーは2〜3号くらい。
  • エギはできればティップラン用のエギが良さそう。

アタリは繊細なのでPEは細い方が潮の影響を受けない。

エギを早く沈めたいならリーダーは太め→これは職場の後輩の言葉。

Amazon | ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス BOAT 66M-S BOAT 釣り竿 | ダイワ(DAIWA) | エギングロッド
ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス BOAT 66M-S BOAT 釣り竿がエギングロッドストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

魚探は必須

まとめ

まだまだ駆け出しのティップランビギナー。

初心者なりに色々と考察を重ねて今後の結果につなげたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました